エルダーフラワーのコーディアル

#ヨーロッパ #暮らし #パイプなこ

2021/05/17986 Views

writer:パイプなこ
イギリス人の夫、息子と一緒に英国と日本を行ったり来たり。編集・ライターとして欧州の緑豊かな生活と日常をいろいろ発信している。

北欧の初夏に咲くエルダーフラワー

サステナブルという言葉が一般的になるもっと前から、古いものを大切にしながら、自然を生活にうまく取り入れ、リラックスして過ごせる知恵を編み出してきた北欧の人々。
今月はお庭で楽しめ、ハーブとしても使えるエルダーフラワーの話題を、デンマーク人の友人・ティナ から紹介してもらいます。

デンマークでは長い冬が終わると春は駆け足で過ぎ、そして夏がすぐにやってきます。
木々が青々とし、小鳥の鳴き声が軽やかに聞こえる、清々しい北欧の初夏。
そんな季節の到来をいち早く知らせてくれるのが、エルダーフラワーです。

ヨーロッパ各地で見られるこのエルダーフラワーは、スイカズラ科の落葉低木。
野生で生えているものは10m近くにまで成長するものもあり、花をつけ背が伸びた木を、道端や草むらでよく目にします。

そしてその可憐なお花はもちろんですが、葉の美しさも見逃せません。
ベランダの片隅に植えて愛でるのも良し、またお庭のシンボルツリーとしても良し。
もちろん日本でも庭木として楽しめます。

Thumbnail Images

万能薬として長い間親しまれてきたコーディアル

白い可憐なお花はエルダーフラワー、花が終わったあとにできる黒い実はエルダーベリー。

欧州ではどちらもハーブの一種として、万能薬などに使われてきましたが、今回はお花を使った、デンマークでとてもポピュラーなエルダーフラワーのコーディアルをご紹介します。

Thumbnail Images

コーディアルの作り方

注意:エルダーフラワーは、きれいな物を使います。茎はできるだけ取り除き、小さな虫を振り落としてから作りはじめましょう。

● エルダーフラワー 30茎
● 水 2L
● 砂糖 1kg
● ノーワックスのレモン 2個

大きな鍋に湯を沸かし、砂糖を入れて溶かします。
スライスしたレモン、エルダーフラワーを沸騰した湯に入れたら火を止め、鍋に蓋をし、しばらく冷まします。
余熱がとれたら、冷蔵庫に入れ、2〜3日寝かせます。

しばらく寝かしたコーディアルを濾します。
コーヒーフィルターや清潔な布巾などで濾すと、きれいなシロップが出来上がります。
途中で布巾などを取り替えると、目が詰まらずに、スムーズにシロップが作れます。
保存容器をよく洗い、煮沸消毒かウォッカなどのアルコールで拭きます。
またはプラスチックの容器を凍らして、コーディアルを入れる前に解凍して使用するのもひとつの方法です。

Thumbnail Images

コーディアルで癒しの時間を

出来上がったコーディアルをいただくときは、コーディアルと水を1:3の割合で薄めるのがオススメ。
夏には炭酸水で割って飲むと、一層爽やかな味になりますよ。
冬の間は熱湯で割り、スライスしたレモンを添えて飲むのも美味。寒い冬、風邪から身体を守ってくれます。

すでに加工されたビン入りのものがお店でも手に入りますが、やはり丁寧に作った手作りのコーディアルは香りも味もさわやかで、ひと味違います。
少し手間はかかりますが、キッチンに広がるお花の匂いを楽しみながら、家の中で自然を感じてリラックス。

ぜひ、エルダーフラワーをお庭で育て、ご家庭でコーディアルを作ってみませんか?

Thumbnail Images

SHARE

このtipsをシェアする

新着物件NEW PROPERTY

無料相談を
おこなっております!

物件を買いたい、売りたい、
不動産について相談をしたい方は、まずは無料相談へお問い合わせください。
コンサルタントがあなたのお話をお伺いさせていただきます。