自然を満喫 イギリス流のウォーキング

#ヨーロッパ #暮らし #パイプなこ

2022/02/23696 Views

writer:パイプなこ
イギリス人の夫、息子と一緒に英国と日本を行ったり来たり。編集・ライターとして欧州の緑豊かな生活と日常をいろいろ発信している。

イギリス人は歩くことが大好き。
人が集まれば「ちょっと歩きに行く?」はお決まりの台詞。
寒い冬空の下でも、雨の降る日だって、フードのついたジャケットを羽織り、外に歩きに出かけます。

今回は、イギリスの自然を満喫できるウォーキングについての話題です。

ウォーキングは身近なアウトドア

イギリス人にとって歩くことは、とても身近にあるアウトドアの楽しみ方。

週末に郊外で楽しむウォーキングはもちろんのこと、老夫婦が健康維持のため日課にしている散歩や、美味しいディナーを食べ過ぎたあとに「フレッシュエアを吸いに行こう!」と、腹ごなしに家のまわりを歩く散歩などなど、とにかくイギリス人はいつでも、どこでも歩きに出かけます。

歩く権利から作られた散歩道

じつはイギリス人がウォーキング好きな理由のひとつに、「パブリック・フットパス」という散歩道の存在があります。

このフットパス、誰もが自由に、国有地や私有地に関係なく歩くことができるという、スゴイ散歩道。
「right of way」という、市民に与えられた「歩く権利」のもと作られ、国内全土に張り廻らされています。

だから、街中はもちろん湖水地方やコッツウォルズのようなイギリスが誇る観光地の森や丘、ときには農場の真ん中やゴルフ場の一角、そして一般家庭の庭先に入り込むこともあり、さまざまな景色を楽しみながら歩くことができるから、イギリス人のみならず国外からの旅行者にも、とても人気がある散歩道なのです。

Thumbnail Images

フットパスを歩いて味わう自然の美しさ

夏休みには、郊外の大自然の中、点在する村から村へとつながるフットパスを歩く旅に出かける家族も少なくありません。
街の観光局には無料のフットパス用地図がいくつもあり、多数出版されているガイドブックも図書館などにはかならずあるので、お金をかけずに気軽に楽しめると、家族旅行にはとてもポピュラーなアクティビティです。

Thumbnail Images

そしてこのフットパス最大の魅力は、散策途中にステキな景色を楽しめるスポットに出会ったり、立ち寄った街でパブやカフェに立ち寄り、紅茶とスコーンをいただいたりできるところ。

イギリスでは街の中心から少し車を走らせれば、緑の多い場所に出るのですが、車道からでは英国らしい田園風景や、そこに佇む素敵な村などを見過ごしがちに。
だから風光明媚なスポットを網羅しながら、大自然の美しさやローカルな生活を身近に楽しむことができるフットパスは、一年を通して人気があるのです。

Thumbnail Images

コッツウォルズなどをバスツアーで訪れたとき、自由時間の間にバックパックを背負い、短い距離でもフットパスを歩いてみるのはオススメです。

春先から夏の間は、野に咲く小さな花々や空高く大きく広がる木々など、自然と緑が好きな方にはたまらない楽しさがたくさん。
ガイドブックには書かれていない、隠れた魅力を発見できるかもしれません。

Thumbnail Images

コロナ禍のいま、イギリスでも室内でのスポーツを敬遠するのは日本と同じ。
だから散歩やウォーキングは、今まで以上に人気があるようです。

日本でも気分が塞ぎ込むことの多い冬場、身近にある公園や自然の中を、ただただ歩くだけでも、心と身体はリフレッシュ。
身近な自然を味わいに、ちょっと外に出てみてはいかがでしょうか。

SHARE

このtipsをシェアする

新着物件NEW PROPERTY

無料相談を
おこなっております!

物件を買いたい、売りたい、
不動産について相談をしたい方は、まずは無料相談へお問い合わせください。
コンサルタントがあなたのお話をお伺いさせていただきます。