ペットとはしゃぐ専用庭

川崎市 ・D様

#with Pets #アウトドアリビング #ガーデニング 

2020/03/161099 Views

Case01

駅前の喧騒を離れ、緑に囲まれた、ゆとりのある暮らしを選択したD様。

ガーデニング好きだったこともありますが、ペットにのびのびとできる場所を提供してあげたかったのも、購入を決めた理由のひとつといいます。

庭を走りまわって喜ぶ愛犬の姿は、D様をこの上なく幸せな気持ちにさせてくれるようです。

周囲を緑で囲まれたダイニングスペース

Dさま邸最大のポイントは、東と南の両面を天井までのハイサッシガラスに囲まれた、光と緑のダイニングスペース。
清々しい朝陽と暖かい日中の日差し、両方をたっぷりと取り入れることができるため、常に明るく、気持ちの良い空間が完成しています。

ダイニングと一体化したテラス

ダイニングスペースと一体化した、外に広がるテラススペースは約13㎡あり、Dさまが趣味で育てるさまざまな植物がセンス良く配置されています。

庇のある半屋外空間は、完全な屋外と日当たりや温度が異なるため、それぞれの植物が育ちやすい微妙な環境を調整するのにも良いようです。
実際に、何鉢かに分かれたオリヅルランやシクラメン、カランコエは、何年も前に友人からいただいたもの。
場所を調整しながら育てることで、元気に育ち続けてくれているそうです。

庇のおかげで雨が直接当たらないのも、Dさまお気に入りのポイント。
土や肥料などのガーデニンググッズを濡れずにストックできるため、作業がとてもやりやすいといいます。
天気の良い日はもちろんですが、雨の日もテラスに出やすいため、椅子に腰掛けて、風情ある景色を楽しんでいるようです。

ペットがはしゃぐ庭

このお部屋には、テラス以外にも約45㎡の”庭”が備わっています。

直植えのできる庭は奥様にとって嬉しいスペースで、ご主人が出張帰りに買ってきたくれたブルーベリーと椿の木を大切に育てることができています。
気持ちの良い春の季節には、テラスのテーブルとチェアをセッティングして、隣地の梅を眺めてお花見を楽しみます。
奥様が製作した薔薇のアーチをくぐり、愛犬が大喜びで駆け回る姿を見ていると、本当に幸せな気持ちになるとおっしゃいます。

今回、さまざまな理由から、このお部屋を売却することになったDさま。
次のお部屋も”庭”があることが条件で、思い出のある植物をプランターで持参するそうです。

「周りに植物がある暮らしは、それだけで嬉しい。芽が出てくれると、嬉しいし、花が咲いたら、また嬉しい。嬉しいことが多くなるから、庭のある暮らしが良いんです。」

次の暮らしも、幸せに送られることを願っています。

(写真左)冬〜春に美しい花を咲かせる椿
(写真右)夏にたくさんの実がつくブルーベリー

SHARE

この実例をシェアする

スタイルが近い物件SIMILAR PROPERTY

無料相談を
おこなっております!

物件を買いたい、売りたい、
不動産について相談をしたい方は、まずは無料相談へお問い合わせください。
コンサルタントがあなたのお話をお伺いさせていただきます。