雨水から啓蟄へ

#ガーデニング #暮らし #風間理紗

2024/03/08110 Views

writer: 風間理紗 アーティスト / 室礼家 / 食農教育家
日本の伝統的な暮らしの文化である室礼と出逢い、茅葺き屋根の古民家を舞台に、季節の室礼や手仕事を通して自然を五感で感じる親子向けワークショップを多数開催。小学校における教科連携食農教育プログラム制作と実践も重ねる。ヒトが自然の一部として今を存分に暮らせば暮らすほど自然も豊かになる暮らしの文化の共創と継承に力を注いでいる。

雨水から啓蟄へ

クレマチスの蔓が伸び始め。
チューリップや他の様々な球根の芽もあちこちからひょっこり顔を出し始めました。

木々はいよいよ冬の間その命を繋いでくれた古い葉を振り払って、これから夏に向かって伸びていく小さな新芽の成長に全力を注ぎ始めたようですね。
リビングでは、ひな祭りが近いのでマルシェで買い求めてきた花桃がほんわりとあわい色合いで花を咲かせ、食用の菜花の菜の花もお料理していただくまでの束の間コップに生けていますが今日1日で随分たくさん花を咲かせました。

Thumbnail Images

春ありがとう。

ゴーゴーと突風吹き荒れた春の嵐の後、穏やかに晴れた午後、お友達がお家のミモザが満開だよ〜◎ということで、両手にいっぱいのミモザの花を抱えて来てくれました。
まさに眩しい春の光のようなミモザの花。
早速束ねて小さなリースを作って玄関に飾りました。

いよいよ百花繚乱の春が待ち遠しくなってきました。
早い春を全力でお祝い。
春ありがとう。
みんなありがとう。

Thumbnail Images

SHARE

このtipsをシェアする

新着物件NEW PROPERTY

無料相談を
おこなっております!

物件を買いたい、売りたい、
不動産について相談をしたい方は、まずは無料相談へお問い合わせください。
コンサルタントがあなたのお話をお伺いさせていただきます。