デンマークの秋の過ごし方

#ヨーロッパ #暮らし #パイプなこ

2021/11/17281 Views

writer:パイプなこ
イギリス人の夫、息子と一緒に英国と日本を行ったり来たり。編集・ライターとして欧州の緑豊かな生活と日常をいろいろ発信している。

短い夏が終わり、デンマークは紅葉の季節です。
足早に過ぎてしまう秋と美しく色づいた木々を楽しむために、街や公園では散歩する人を多く見かけます。

今回は、デンマークのティナから届いた、秋の便りを紹介します。

身近な自然に触れて秋を楽しむ

デンマークでは自然がとても身近なもの。
家族や友人が集まれば、食卓を囲んで会話を楽しむだけでなく、近くの森に散歩に出かけることも。

気温がグッと下がりはじめる10月からは、室内で過ごす機会も増えますが、それでも紅葉の時期は森や公園を散歩して、赤やきいろに色づいた木々を眺めて楽しみます。

Thumbnail Images

もちろん、家の庭でも紅葉は楽しめます。

冬支度をはじめた庭に真っ赤に明るく映える楓は、うちの自慢の庭木。
そして、大きな木からハラハラと舞い落ち、まるで絨毯のように庭一面に敷きつめられた赤やきいろの葉っぱを眺めるのも、短い秋の楽しみのひとつです。

Thumbnail Images

デンマークでは街中にも大きな公園や街路樹があり、ショッピングなどに出かけても、街の秋をたっぷり楽しむことができます。
最高気温が10度前後になるこの時期ですが、まだまだ多くの人がカフェのテラスに座り、カラフルに紅葉した街路樹を眺めながら、お茶やランチを楽しんでいますよ。

Thumbnail Images

ヒュッゲで寒い時期も暖かく

デンマークでは10月最後の週末に時間が1時間戻り、サマータイムが終わります。
そして冬時間がはじまると1時間早く夕暮れが訪れるので、夜の時間が急に長くなり、寂しい気持ちにもなりがちです。
でもデンマーク人はほっとする時間、ヒュッゲ時間を見つけて、家族や友人と幸せなひとときを楽しみます。

お料理に時間を割くのも、ひとつの方法。
私はリンゴなどの果物を煮てケーキやパイを作ったり、パンを焼いたりしながら、家族と心地よい時間を共有します。

Thumbnail Images

なかでもラズベリーマフィンは、子どもが大好きなおやつ。
フレッシュなラズベリーが取れない冬でも、冷凍のラズベリーを使って簡単に作ることができるから、パーティーなどが多いこれからの季節に大活躍です。

作り方は簡単。
マフィンの生地になる材料を混ぜ、型に入れたら、解凍したラズベリーを上にのせ、180度に温めたオーブンで20分焼くだけ。
ぜひ、お試しください。

(材料)
中力粉 カップ2
ベーキングパウダー 小さじ2
塩 小さじ1/2
バニラエッセンス 小さじ2
牛乳 カップ1/2 
植物油 カップ1/2
砂糖 カップ1
卵 2個

Thumbnail Images

次はクリスマスの用意

紅葉が終わるころには、クリスマスの用意がはじまります。
色とりどりの葉っぱで覆われた庭が、真っ白な雪の銀世界に変わるのも、もうすぐそこですね。

SHARE

このtipsをシェアする

新着物件NEW PROPERTY

無料相談を
おこなっております!

物件を買いたい、売りたい、
不動産について相談をしたい方は、まずは無料相談へお問い合わせください。
コンサルタントがあなたのお話をお伺いさせていただきます。