小暑から大暑の頃

#ガーデニング #暮らし #風間理紗

2021/08/02328 Views

writer:風間理紗
日本の風土に磨き上げられた丁寧の結晶である室礼や手仕事といった暮らしの文化を、自然の恵みへの喜びと感謝、今ここに在るすべての存在への愛と思いやりの心と共に次世代へ伝えている。「ゆったりおったりの森」主宰 一般社団法人エディブル・スクールヤード・ ジャパン プログラムディレクター

小暑から大暑の頃

梅雨が明け、一気に暑い夏がやってきました◎
この暑さだと植物たちには朝と夕方の2回お水をあげなくては、元気がなくなってしまいますね。

そこで今活躍してくれているのが、雨水タンクです。
ここのところ、まとまった雨がなくて、少し枯渇気味ではありますが、夜のうちにパラッと降った程度の雨でもまとまると結構な量になるので、貴重な水資源として大切に使わせていただいています。

元気な夏の太陽の光と、そんな恵の雨水のおかげですくすく育ち実りをつけてくれた、採りたてキュウリのサラダやグングン伸びるモヒートミントの葉をもっさり入れた冷え冷えのミント水は、収穫の喜びとともに、私たちの元気の源にもなり、しばし涼やかさも感じさせてくれ、大きな循環の中につながっていることへの感謝の気持ちがふつふつと湧き上がってきます。

Thumbnail Images

次は「立秋から処暑の頃」

そして、この時期は、地域で8月のところもあると思いますが、お盆もありますね。

今年の我が家のお盆の牛馬さんのキュウリは我が家の畑のキュウリで作りました。
お尻に黄色いお花がまだついていたので、本当に馬のしっぽみたいに見えます。

太陽と水、そして、この命のつながりに感謝する7月です◎

次は「立秋から処暑の頃」お楽しみに◎

Thumbnail Images

SHARE

このtipsをシェアする

新着物件NEW PROPERTY

無料相談を
おこなっております!

物件を買いたい、売りたい、
不動産について相談をしたい方は、まずは無料相談へお問い合わせください。
コンサルタントがあなたのお話をお伺いさせていただきます。