立春から雨水の頃

#ガーデニング #暮らし #風間理紗

2020/02/24486 Views

writer:風間理紗
日本の暮らしの文化を子どもたちに伝える“ゆったりおったりの森”主宰。バークレーでエディブル・スクールヤード・サマートレーニングに参加後、地元の小学校でエディブル・スクールヤードプロジェクト開催。ディレクター兼ガーデンティーチャーとして活動。

梅の芳しい香りがふわりと鼻先に届く季節となりました。

立春から雨水、そして、その先へ、とこれから季節は春に向けて進んでいきますね。
前回器の中で小さな芽をだしていたこちら。

これは何のタネだと思いますか?
これは、実は去年の春、畑で実ったグリーンピースなんです。

次の年のタネにしようと、いくつかパンパンに実ったよさそうなものを食べずにとっておいて、、、そして水につけておいたら、この通り○
そして、それを寒い中ですが、土に植えたら、この通り◎
また春にはたくさん実をつけてうれるといいなあと。楽しみに待つ。 この待つひと時も。とても豊かなのです◎

まずは、ほんの小さな植木鉢でもいい。 あなたのお庭に、タネを蒔いてみませんか。

次は「啓蟄から春分の頃」お会いしましょう◎

Thumbnail Images

Thumbnail Images

SHARE

このtipsをシェアする

新着物件NEW PROPERTY

無料相談を
おこなっております!

物件を買いたい、売りたい、
不動産について相談をしたい方は、まずは無料相談へお問い合わせください。
コンサルタントがあなたのお話をお伺いさせていただきます。