立夏から小満へ

#ガーデニング #暮らし #風間理紗

2021/05/20270 Views

writer:風間理紗
日本の暮らしの文化を子どもたちに伝える“ゆったりおったりの森”主宰。一般社団法人エディブル・スクールヤード・ ジャパン プログラムディレクター。東京都多摩市と神奈川県横浜市の公立小学校で活動を行なっている。

立夏から小満へ

風の薫るのを感じ、太陽の熱が土に貯まってくるのを感じ、空気中の湿度が重さを増してくるのを感じ。。。
明らかに季節が変わったことを知らせてくれています。

本当に不思議なのだけれど、そんな季節の変化に呼応するように、同じ家のはずなのに、目にうつる家の景色は様変わり。。。
俄然軽やかさや「水」や「風」の流れに意識がいくようになる。
同じものも違って見えるように、みたいポイントに焦点を合わせていくように。

日本人はこの感性によって、小さな木の葉舟が大河の流れにうまく乗りながら無事に進んでいくように、移り変わる季節の気の波に乗り、時を重ねてきたのだろうと改めて感じます。

感性を磨くこと

最近「感性を磨きたい」という声をあちこちで耳にするようになりました。
掴み所のないものだからこそ、今まで意識されてこなかったこと。
でもその力強さの本質を失いかけて初めて気づき、その力を渇望しているのかもしれません。

私はまず感性を磨く術として最も効果的なのは、日常的に家庭内で行う室礼を家の小さなスペースでも良いからやってみること、そして何巡りも何巡りも続けることが一番だと思っています。

例えば5月の初め頃の我が家の食卓に飾られていたお花と今床の間い飾られている盛り物。
その写真を並べてみると一目瞭然。
ほんの1、2週間の間にこの変化。
この季節の持つ温度も湿度も色合いも質感も全然違う。

これをもたらしているのは、他でもない、自然です。
そして、私たちの心持ちすらも移り変わっている。
ああ。私も自然の一部だなって。感じるのです。

次は「芒種から夏至の頃」

次回もお楽しみに◎

Thumbnail Images

Thumbnail Images

SHARE

このtipsをシェアする

新着物件NEW PROPERTY

無料相談を
おこなっております!

物件を買いたい、売りたい、
不動産について相談をしたい方は、まずは無料相談へお問い合わせください。
コンサルタントがあなたのお話をお伺いさせていただきます。