田園都市エリアの桜

#地域 #暮らし #遠藤昭

2020/03/11442 Views

writer:遠藤 昭
メルボルン駐在時、300坪の庭にてガーデニングに目覚め、多数のガーデニングコンテストを受賞。現在は川崎市緑化センター緑化相談員を務めながら、園芸文化の普及啓蒙活動をする。著書『庭づくり 困った解決アドバイス Q&A100』(主婦と生活社)。

二カ領用水堤の桜

お花見の季節が間もなくやってきます。

美しく咲き誇る桜を愛でたい気持ちはあるのですが、「目黒川」や「井の頭公園」など、思いつく名所はどこも大変な混雑です。
今年は新型コロナの影響で、やや人手が少ない予想のようですが、できれば人混みは避けたいところ。
そこで、田園都市エリアの隠れた名所を紹介したいと思います。

都心からも近く、川崎市内にあって、意外と知られていない穴場的なお花見スポットが南武線宿河原駅から3分程度で行ける「二カ領用水」。
江戸時代に開発された歴史ある場所で、現在は用水に沿ってウッドデッキ風のお洒落な散策路が整備され、2kmにわたり、約400本の桜のトンネルを形成します。
上空の至近距離で咲き乱れ、足下の水辺に映りこみ、全方位を桜に囲まれながら散策できる、とても贅沢なお花見スポットとなっています。

Thumbnail Images

川崎市緑化センター

宿河原駅は南武線で、武蔵溝ノ口から3駅、登戸から1駅。
田園都市線からも、小田急線からも利便性が良く、駅を降りてから商店街を少し歩けば、すぐに二カ領用水にたどり着きます。

そこから左右に分かれて、約1キロほど並木は広がっていますが、左に折れ、道路下の散策路を歩くのがお勧めです。
数分先に存在する「川崎市緑化センター」にも、ぜひ足を伸ばしてみてください。

「川崎市緑化センター」は、かつて農業試験場だったのですが、現在は”都市緑化植物園”として、地域の緑化や市民の園芸活動をサポートしています。
さまざまな伝統的な催しもおこなっており、この季節は「サクラソウ展」が開催されます。
周辺住人の意識が高いこともあり、ここ数年ですっかりお洒落なスポットに変貌を遂げ、温室内では、「ヒスイカズラ」「バニラ」「ジャカランダ」等、珍しい草花の観賞も可能です。

Thumbnail Images

Thumbnail Images

桜のシーズンは、冬に開花する「クリスマスローズ」も楽しめます。
二カ領用水に面したフェンスに沿って100株が植えられた「クリスマスローズ・ロード」は園内の新名所になりつつあり、見事な花を咲かせてくれています。

ほかにも春の美しい草花を観賞できるたくさんのスポットが用意されています。

Thumbnail Images

Thumbnail Images

今年のお花見は、二カ領用水と緑化センターに出かけてみませんか?

◎二カ領用水の桜に関する川崎市役所のwebサイト
http://www.city.kawasaki.jp/530/page/0000018493.html

◎川崎市緑化センターのwebサイト
http://www.iei-kouen.jp/kawasakishiryokuka/about

SHARE

このtipsをシェアする

新着物件NEW PROPERTY

無料相談を
おこなっております!

物件を買いたい、売りたい、
不動産について相談をしたい方は、まずは無料相談へお問い合わせください。
コンサルタントがあなたのお話をお伺いさせていただきます。