”オージーガーデン”のすすめ

#ガーデニング #暮らし #遠藤昭

2021/06/25205 Views

writer:遠藤 昭
メルボルン駐在時、300坪の庭にてガーデニングに目覚め、多数のガーデニングコンテストを受賞。著書『はじめてのオージープランツ図鑑』(青春出版社)。

スタイリッシュな”オージープランツ”

コロナ禍の影響で、このところ、ガーデニングブームのようです。

僕は、”自分の庭をどうしたら良いか分からない方や、もっと素敵な庭にするにはどうしたらよいか?”という方を対象に、コンサルと実践を含めた”ガーデンレッスン”を、この10年ほど実施していますが、コロナ禍以降、客層ががらりと変化したことを感じます。

端的にいうと、この1年余り、比較的若いサラリーマン層が増えました。
リモートワークで自宅の時間を持つようになった男性が、”ガーデニング”に興味を持ち始めたのだと思います。
彼らが興味を持つのは「レモン」「ブルーベリー」等の果実、そして、カッコイイ”オージープランツ”です。

今回は、特に人気のある”オージープランツ”たちを紹介してみましょう。

Thumbnail Images

小さなスペースでも楽しめる”オージーガーデン”

この庭は、拙宅の玄関脇にある、60cmx250cmのスペースです。
ちょっとした花壇程度の大きさですが、大きさや形の異なるさまざまな植物が、家族や客人をもてなします。
花木や草花も植え込み、日本の四季を感じられるように設計したのもポイントと思います。

約1年前にリニューアルしたたため、やや茂ってしまった状態ですが、オーストラリア原産の”オージープランツ”を中心に、南アフリカ原産の「リューカデンドロン」、中米原産の「ジャカランダ」、最近人気の「アガベ」や「セダム」も使用し、国際色と彩り豊かなスペースに仕上がったように感じます。

それぞれの植物について、少し触れていきましょう。

Thumbnail Images

「グレヴィレア・ロビンゴードン」

今、最も人気が出てきている”オージープランツ”。
1960年代に、オーストラリアの植物家として数々の業績を残したデビッド・ゴードン(David Gordon)が作出し、若くして病死した長女ロビン(Robyn)にちなんで名付けた交配品種です。

この植物の良さは、3月頃から断続的に、霜が降り始めるまで花を咲かせ続けてくれるところ。
最初はグロテスクとも思いましたが、やがて芸術的な造形の美しさに惹かれ、今ではこの花を見るだけで”気分はオーストラリア”になる、不思議なパワーのある花木と感じています。

Thumbnail Images

「ニューサイラン」

すらっとした長い葉を扇状に伸ばす、ニュージーランド原産の植物です。
クリーム色や黄色の斑入りのほか、銅葉など、多彩な園芸品種が存在します。

原産地であるニュージーランドでは、葉から織物やマット、漁網をつくったり、根をシップ剤にしたり、さまざまな用途に利用され、経済を支える重要作物にもなっているようです。

写真左側の銅葉は「ピンクストライプ」、その右にある班入りが「バエリガータ」です。

Thumbnail Images

さまざまな、葉の色と形

さらに紹介していきましょう。

左下の黄色い花が「カンガルーポー」、中央の黄緑色の木は、「メラレウカ・レボリューション・ゴールド」、右下のツンツンした葉は、メキシコ産の「アガベ・白閃光」です。

さまざまな葉の色と形があるのも、”オージープランツ”の特徴です。
先の尖った、剣のような葉を織り交ぜることで、スタイリッシュな雰囲気になりますね。

Thumbnail Images

写真は上から、「コルディリネ・トーベイダズラー」の斑入り品種。

「ジャカランダ」は、今は咲き終わってしまいましたが、つい最近まで咲いていました。

季節を感じる「ヘメロカリス」も植えてあります。
草の中に花を添えると、やはり潤い感が演出できますね。


狭いスペースでも、”ガーデニング”は楽しめるものです。
みなさんも、スタイリッシュな”オージーガーデン”にチャレンジしてみませんか?

Thumbnail Images

Thumbnail Images

Thumbnail Images

★「はじめてのオージープランツ図鑑」発行のお知らせ

この度、日本初のオーストラリアの植物図鑑「はじめてのオージープランツ図鑑」を執筆させていただき、青春出版社より発売になりました。

昨年来のコロナ禍で、おうち時間が増えてガーデニングブームですが、特にオージープランツが男性層を中心に人気で、オージープランツが品不足だそうです。
そんな中での、「はじめてのオージープランツ図鑑」発売ですが、今まで、日本にオージープランツ図鑑や、育て方などを書いた本は無く、初めて発行させていただく事、嬉しく思います。

Thumbnail Images

SHARE

このtipsをシェアする

新着物件NEW PROPERTY

無料相談を
おこなっております!

物件を買いたい、売りたい、
不動産について相談をしたい方は、まずは無料相談へお問い合わせください。
コンサルタントがあなたのお話をお伺いさせていただきます。