家族全員が満足する、広々とした住まい

横浜市 ・K様

#with Kids 

2023/12/20374 Views

Case

Kさまが新居を探し始めたのは、賃貸への不満がキッカケでした。

4人で暮らすには狭く、暗い部屋。

何よりもイヤだったのがセミの多さで、多い時には5匹を超える死骸を発見する暮らしに区切りをつけるべく、新しい家を探すことを決意しました。

 

70㎡、80㎡の物件を見学して、最終的に決めたのは約90㎡の広い家。子どもたちの友達が遊びに来ると、ひとこと目に必ず「広いね〜」という言葉が出てくるそうです。

住むほどに”広さ”を感じ、ますます新居が好きになっていくというKさま。家族全員が満ち足りた気持ちで暮らす、広々とした家に伺ってきました。

 

契約までの経緯

Kさまが新居を探し始めたのは、賃貸への不満がキッカケでした。
駅からは近かったものの、坂がキツく、4人家族で暮らすには狭く、光の入りにくい暗い部屋。
何よりもイヤだったのがセミの多さで、多い時には、一日に5匹を超える死骸を見つけるほど。
子どもたちの学校も遠く、会社の補助制度が変更となるタイミングで、家族全員が満足できる、新しい家探しのスタートを決意しました。

最初に見学したのは70㎡ほどの部屋で、リビングダイニングの窓を街路樹が覆う景色や、緑が多く、ゆったりとした街の雰囲気は気に入ったものの、家族全員が満足するにはやや狭い印象。
リモートのためのワークスペースやファミリークロゼットなど、Kさまの要望するスペースを確保するには、80㎡以上の面積が必要であることが確認できました。

この見学でもうひとつ確認できたのが予算。
家だけではなく、趣味や家族の時間も重要視するKさまは、”広さ”を最重要項目に設定するため、駅距離や築年数をある程度譲歩しても良いと考えます。
実際の物件を見学して購入への気持ちが高まったこともあり、銀行で融資の相談をおこない、早めに具体的な予算を決めておくことになりました。

(写真)最初に見学した約70㎡の部屋

次に見学したのは、約80㎡の角部屋。
広さ的には及第点だったものの、”対面式キッチンではないこと”、また”洗面室に収納スペースがないこと”など、水回りに納得できず、見送ることに。
ただ、やはり面積が最優先事項と再確認した上で、”小学校までの距離””対面式の広いキッチン””充実した収納スペース”を優先事項に設定、”新耐震基準をクリアできればオートロックは必要ないこと”、また”駅からある程度の距離があってもバス停が近ければ良いこと”など、妥協できる点まで明確にすることができました。

徐々に要望の整理ができていく中、理想に近い物件が販売を開始します。
”約90㎡のゆとりある面積”、”小中学校が近接”、”広々としたオープンキッチン”、”二面バルコニー”、”豊富な収納スペース”など、Kさまの要望をほぼ網羅した物件です。

間違いなく満足いただける物件と確信し、サイト公開前にお知らせして内見を手配するも、なんと直前にKさまが体調を崩してしまいます。
一週間後、あらためて見学予約を取り付けましたが、すでに購入検討者がいることを聞き、全員に諦めムードが漂います。
それでも見学後すぐに申込書を提出、銀行相談を済ませていたことが功を奏し、通常よりも早く事前審査を通過、無事クリスマス・イブに契約できることになりました。

(写真)二件目に見学した80㎡の物件

家族全員が満足する暮らし

天気の都合で何度か延期になり、ようやくお伺いできた新居は、やはり広々とした場所でした。
南と東の大部分を窓が占めていて、明るく、開放感あふれる雰囲気です。

家族全員のお気に入りは、もちろんリビングダイニング。
家でのんびりと過ごすために購入した、座面の広いソファを設置しても、憧れのパーソナルチェア&オットマンを組み合わせられるほど、ゆったりとしたスペースが残ります。
ベージュトーンのやわらかい空間の中で、家具の美しい木肌が目を引き、シンプルで、品の良いインテリアが完成していました。

家族の間で定位置はないようですが、やはりソファに女性3人が座り、推しのタレントが出演するドラマやバラエティを、家族一緒に楽しんでいるとのことでした。

キッチンは奥様のお気に入りの場所。
タイル貼りの床がフロアレベルよりも一段高い仕様になっていて、シンク前から部屋全体を見渡せるのがポイントです。
木目とホワイトタイルに調和する、グレージュのカップボードが背後のスペースにぴったりと納まり、ブラックのデザイン家電が空間を引き締めているのも良い感じでした。

子どもたちと一緒に調理ができるよう、オープンで、広いスペースを要望していた奥様。
中学生のお姉ちゃんを中心に、これからいろいろな料理にチャレンジしていってくれることでしょう!

(写真)”中入り玄関”のため、左右に空間が分かれ、広々とした雰囲気を感じられる玄関スペース。
いくつかのガラスブロックを取り入れることで、明るさと開放感を演出しているのもポイントです。

(写真)物が少なく、シンプルで美しい主寝室。ペールトーンの淡い色調で揃えた、やわらかいグラデーションが素敵です。
ベッドサイドのカウンタースペースはちょっとした作業にちょうど良い大きさで、足元に窓が備わるため、南北に風が抜ける、快適な場所になっています。

まとめ

3件目で運命の物件と出会えたKさま。
もともと九州の実家で家を建てる計画だったため、横浜で新居を購入するとは夢にも思っていませんでした。
賃貸に不満があったものの、土地勘がなく、不動産の相場が分からなかったことで、物件探しを躊躇していたことも、購入を検討しなかった理由のひとつ。
”THE GROUND FLOOR”との出会いがご縁となり、家族全員が満足できる、素敵な住まいを手にいれることができました。

一番良かったと思っているのは、やはり要望の最重要項目に挙げていた”広さ”。
70㎡、80㎡を見学して、最終的に決めた物件は約90㎡あり、子どもたちの友達が遊びに来ると、ひとこと目に必ず「広いね〜」という言葉が出てくるそうです。

次に重視していた”子育ての環境”にも満足しています。
お姉ちゃんの中学校はなんと徒歩1分の距離にあり、グラウンドから家が見えるため、授業中も早く帰りたくて仕方がない気持ちになるとか。
妹ちゃんも以前よりずっと通学距離が短くなり、家に早く帰ると、座面の広いソファやパーソナルチェア、ご夫婦のベッドの上など、いろいろな居場所をつくってくつろぎ、新居を存分に満喫しているとのことでした。

ひとつ心配していたのは、駅から10分少しある距離ですが、物件の目の前にバス停があるのが想像以上に便利な様子。
特に夏の猛暑日などは、駅から10分を汗だくで歩くより、バスに乗って家の前で降りる方がよっぽど快適で、”駅10分以内”にこだわりすぎなかった選択にも満足しているようでした。

住むほどに”広さ”を感じ、ますます新居が好きになっていくというKさま。
家族全員が満足する住まいで、たくさんの思い出つくり、幸せに暮らされることをお祈りしています!

SHARE

この実例をシェアする

スタイルが近い物件SIMILAR PROPERTY

無料相談を
おこなっております!

物件を買いたい、売りたい、
不動産について相談をしたい方は、まずは無料相談へお問い合わせください。
コンサルタントがあなたのお話をお伺いさせていただきます。